Excite ブログ

上手なリラックスに半身浴のすすめ

タイトル:上手なリラックスに半身浴のすすめ
担当:川村美恵

-------------------------------------------------------
こんにちは、カウンセラーの川村です^^

このコラムを読んでくださっている方、お昼ごはんを食べると眠くなりませんか?

私はとっても眠くなります♪

仕事に支障をきたすほど・・本当に寝てしまいたいと思ったことが何度もあります。

それではなぜ、おなかがいっぱいになると眠くなるのでしょう?
それは副交感神経のし・わ・ざ!
でも、副交感神経は悪者ではないのです。

人間は食べ物を食べると消化器系を働かせるために副交感神経が働くようになっています。

そしてこの副交感神経はリラックスさせる神経でもあるのです。
そのため食べるとリラックスできるのです。

おなかがすいて怒りっぽいときやイライラしているときに食べるとなんとなく怒りやイライラが消えたりすることはありませんか?

私は疲れた時などケーキが食べたい!!と思うのですが、実は緊張状態をほどきリラックスしたかったのでしょう。

人間の体は無意識のうちに自分をストレスから守るためにリラックスしようとしているのですね。

さて、そのリラックスに大切な副交感神経を食べること(食べてばかりいると太りますからね)以外で上手に活用する方法はないのでしょうか?

私のイチオシは半身浴です♪

半身浴は全身浴に比べ、心臓や肺への負担が少なくすみます。

ぬるめのお湯にゆっくりつかると副交感神経が優位に働き、緊張がほぐれるほかに入浴時の浮力効果も加わって、心身ともにリラックスした状態になります。

そして一気に温まらずに体の内部からじわじわと温まるので神経の緊張やコリをほぐしてくれるのです。

♪上手な半身浴の方法♪

汗をかくので入浴前と入浴後の水分補給をお忘れなく。

入浴前のかけ湯は下半身だけにして上半身はぬらさない。

寒いときは上半身に乾いたタオルをかけて風邪をひかないようにしましょう。

そして、もっともリラックスしやすい半身浴は、バスタブにちょっとぬるいなと感じるくらいの温度(38~40度程度)のお湯を七分ほど入れ、足を伸ばして入ります。

おなかの部分は完全にお湯につけて両腕はお湯から出しておきます。

そしてそのまま目を閉じて何も考えずに20分~30分ほどお湯につかります。

このとき、目を閉じているとかえって神経が冴えていろいろ考えてしまう方は、

・お気に入りの入浴剤や好きな香りの石鹸などお気に入りのバスグッズを持ちこむ
・雑誌や本を読む
・防水式のラジオやCDプレーヤーなどで音楽を楽しむ
・キャンドルなど間接照明を取り入れる

最近は携帯を入れる防水ビニール袋やお風呂に浮かべるライトなども販売されているようです。

お風呂タイムを楽しめるグッズを上手に取り入れるといいですよね。

身体が充分に温まったら、お湯を肩まで満たしお湯の温度をちょっと上げて全身を温めてから出てください。

疲れがたまったり、ストレスがたまってしまった時はぜひ半身浴を試してみてくださいね。

また、リラックスの仕方がわからないという方もいるかと思います。

そんな方も一度試してみてくださいね。
[PR]

by exkokoro | 2011-08-31 10:31 | 心とからだ | Comments(0)

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム