Excite ブログ

●恋愛力向上○ 一番学びが大きかった恋愛は?



タイトル:一番学びが大きかった恋愛は?【正直であること、分かち合うことの大切さ】
担当:小幡 佳子
----------------------------------------------------


【正直であること、分かち合うことの大切さ】

自分から、いきなりのお別れ宣告。
これが恋愛関係を終えるときの私のパターンでした。

なぜそんなことをしてしまうのか。
1.思っていることを口に出して言うのが苦手だった。
  ↓
2.自分の気持ち(主に不満や不安)をひとりで溜め込む。
  ↓
3.溜め込んだ気持ちを抱えきれなくなる。
  ↓
4.抱えきれない苦しさから逃れるために、関係を絶つ。

流れはざっとこんな感じです。

自己主張が苦手な私にとって、最後の「もう付き合えません」を
言うのも、とても勇気とエネルギーのいることでした。
だから心は、無意識に事前準備を始めます。

どうしても後には引けない理由を作り、言わざるを得ない状況に
自分を追い込むのです。
たいていそれは・・他に両思いの人を作る、という手段でした。


こうして振り返ってみると、いったい何のためにつき合っている
のだろう、と不思議に思います。
どれだけ溜め込んで我慢できるかの自己新記録を作ることが
目的のような気さえしてきます。

せっかく関係が近くなったのに、自分ひとりの世界にいる。
関係を壊さないためにと思ってしていたことが、
実は徐々にふたりの関係を悪くしていた。


こんなことを繰り返していたところ、カルチャーショックのような
お付き合いを経験しました。
これが一番学びが大きかった恋愛となります。

相手は私とは正反対の、思ったことをそのまま言う人。
私の表情がムッとしていたり、態度がいつもと違うのを見つけると
「なんかおかしい」「なんか違う」と真正面から見て言ってきます。

何でもない、と顔を隠してごまかそうとしても、
「何?」「何があったの?」「どうしたの?」と逃さず理由を
聞いてくるのです。

私のむくれている理由は、昨日電話をくれなかった、
というようなことだったと思います。
そんなことで拗ねたり怒ったりしている自分は、くだらないと
思っていたので、言うのが恥ずかしかったのですが、
どうにもしつこく食い下がられて観念しました。

おずおず理由を言うと、
「その仕返しだったんだ。分かった。いいよ、仕返しして」と彼。
へ?と驚くと同時に、瞬間的にわだかまりが消えたのを感じました。
気持ちを受け取ってもらい、完了する。とても新鮮な感覚です。

些細なことだと思っても心にひっかかっているなら、言わないと
いけない。持ち越し禁止なんだ!と知ったのです。

それ以降、慣れないながらも、彼に対し気持ちを言う練習を
重ねていきました。


間違えることも多々あり‥
私「そういう言い方されると腹が立つ」
彼「俺が悪いの?」
私「そう!」
で、余計に雰囲気が険悪になったこともあります。

あなたが悪いのだから謝って、という勢いで、相手のせいにして
責めちゃったんですね。

それで、もう一度考え直して言い換えました。
私「バカにされているように感じて、なんだか自分がみじめな
気持ちになるの」
彼「そういうことね◎」


正直な気持ちを言う→だから通じ合える。
コミュニケーションのコツは、言い辛いことほど先に言う。
自分だけ・相手だけでなく、ふたりの関係を大事にするという
感覚を養えたことは大きな収穫でした。
[PR]

by exkokoro | 2010-08-20 16:37 | 恋愛 | Comments(0)

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム