Excite ブログ

自助の精神


タイトル:自助の精神
担当:本間 小文
----------------------------------------------------

録画したものの整理でもするか…といろいろ観ていたら、
お~!懐かしい!『ROOKIES』が出てきた。
お片づけそっちのけで鑑賞タイムに突入。

このドラマでは、
熱血教師が教え子達にたくさんのエールを贈り、
教え子達はそれをしっかり受けとめ自らを奮い立たせている。
そんな中、罵詈雑言に打ちひしがれる教え子に対し、
こんな言葉が贈られた。

「これは試練だ。
 試練は、それを乗り越えられるヤツにしか来ない。」

つまり
「オマエなら、この試練を乗り越えられる」
と勇気と励ましを注いでいるのだが…

ちょっとばかし腑に落ちない所がある。
「オマエなら乗り越えられる」と言っているが
正確には
「オマエなら乗り越えられる、と私は信じている」だ。
では何故「乗り越えられる」と言えるのか。
それは「乗り越えられるオマエを信じているから」なのだが、
自分が信じることと、他人が試練を乗り越えることは、
そもそも土俵が違う。
にも拘らず「試練は乗り越えられるヤツにしか来ない」などと、
予言めいたことを言っている。

???
頭がグルグルしてきた。

視点が「信じる側」にあるから頭がグルグルするのだな。
なので「試練を乗り越える側」に視点チェンジ。

そして「試練を乗り越える側」として再考。

何故その試練にブチ当たったのか?
数ある試練の中から、何故その試練を選んだのか?


…あ、分かった!

選択として
「逃げる」選択や「選ばない」選択も出来たハズなのに、
試練を選んだ、ということは、
それに挑戦する決意、立ち向かう覚悟が出来た、ということだ。
だから、その試練を選んだ。
だから、「試練は乗り越えられるヤツにしか来ない」のだ。



時に、試練を乗り越えるのは容易いことでは無い。
むしろ厳しいだろう。

それでも挑むと覚悟を決めたのだから、
必ずや試練は乗り越えられる。
仮に今回は乗り越えられなかったとしても、
次回、または乗り越えるまで何度でも挑戦すればいい。



そして、熱血教師は言う。

「それでも諦めないヤツが最後は勝つんだ」

そんなヤツだからこそ、

「天は自らを助くるものを助く」


試練に打ち克つ自分を信じた者だけが
自らを勝利へと導くことができる。
自助の精神。最高である。


この、自助の精神。
あながちドラマに限った話では無い。
誰しもが自助力を持ち合わせているし、
誰しもがフル活用することができる。

何らかの理由で出し惜しみしている方。
今をキッカケに、思いっきり弾き出してみませんか?
喜んでお手伝い致しますよ!
[PR]

by exkokoro | 2010-07-31 11:52 | 生活・生き方 | Comments(0)

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム