Excite ブログ

カウンセリングのときに自分を支えているもの【意味ある出会い】


タイトル:カウンセリングのときに自分を支えているもの【意味ある出会い】
担当:小幡 佳子
----------------------------------------------------

【意味ある出会い】

人に警戒心を持ちやすい、元来の人見知り。
こう自分のことを説明すると「カウンセラーなのに!?」と
驚かれることがよくあります。

私からすると「だからカウンセラーになった」なんですけどね。

人のことが分からないから不安になり、警戒をする。
分からないから、自分や他人の感情に振り回され、
過剰に反応してしまう。

そこで、人間とはどういうものなのか、人の心理・思考・行動に
ついて勉強し深く知ることが一番の方法と思ったわけです。


カウンセラーを目指して勉強する中で、衝撃と感動をともなって
人への理解を深めた体験がエンカウンターワークショップでした。

エンカウンターとは「出会い」という意味。
少人数のグループで、率直に気持ちを分かち合い、
自分や他者を知り、信頼関係を体験するというもの。

一言で説明するとこうなりますが、参加している間は無我夢中!
ワークを通して、怒り、悔しさ、驚き、安らぎ・・と、
様々な感情が押し寄せ、涙と鼻水の流れるままに、
体感から気づきや学びを受け取っていました。

誰かの正直な表現が、また他の誰かの気づきや救いにつながる。
「人」ひとりの存在が、こんなにも他者に影響を与えている。

気づいていないだけで、人は人に支えられているのだ
ということを知ったときには、自分の傲慢さに愕然とすると
同時に、やっと肩の力が抜けて楽になったことを覚えています。


「カウンセリングのときに自分を支えているものは?」
この問いに対する私の答えは、エンカウンター体験を経て得た
『助け合うために私たちは出会っている』という考えです。

人は分かち合って助け合うようになっている。そのために
縁あって出会ったのだという意識、これが支えとなっています。

私自身がカウンセリングを受ける際、そうであるように、
カウンセラーを選ぶときには、何かを嗅ぎ付けるという
嗅覚のするどいところが誰にでもあると思うんです。

自分の求めるものが、このカウンセラーから得られるのではないか
そんな思いで選んでくださっているのではないかと。
だとしたら、その貴重な縁に対して私は、自分がもっているものは
全部出し尽くそう!と思うのです。

知識、経験で役立つことは何でも。また、ひとりの人間としての
私が、相談者の方との話し合いを通じて感じたこと、気づいたこと
など客観的な視点や思い。

私からの発信の何かが刺激となって、相談者の方が実生活の場で
新しいことにチャレンジする。
同じものはないオーダーメイドというカウンセリングの中で、
集中し感性をフル活用する私自身も、毎回が本気の場。

カウンセリングは、お互いが持っている力を最大限に発揮する
機会となるのだなぁとしみじみ思います。

ともに成長し合うために意味があって出会っている。
こう思うと、真摯な気持ちと感謝の気持ちが湧くのです。
 
[PR]

by exkokoro | 2010-08-04 10:45 | カウンセリング | Comments(0)

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム