Excite ブログ

こころに深呼吸を・・・



タイトル:こころに深呼吸を・・
担当:村岡 祥子カウンセラー
----------------------------------------------------

《それぞれに胸一杯の感情を抱えて》

(46)(82)(6)(34)(58)(101)(17)(0)(63)・・・

毎日新聞を見ながら、
お亡くなりになった方々のお名前と年令をただ目で追う日々が続いています。

地方の新聞には、日々新聞でお亡くなりになった方のご報告が載るのですが、
そのほとんどが寿命を全うされたご高齢の方です。
時々ポツンと若い方の年令を見ると、『この方はご病気だったのかな・・』と
まだ50代で逝った夫と重ねて
『どうぞ貴方を想う、貴方を好きな人達の涙が届きますように・・』と祈ります。


ですが・・・この度の震災で逝かれた方のご報告は、
その数字も、
流行の素敵なかわいいお名前も、
また戦争も乗り越えて大切にされていただろう白寿の翁も、
住所に(同)と書かれた母と幼子も、
ただ目で追うだけで今までの様々な命のいとなみを感じます。

何を感じていいのか分からない程に、胸一杯の感情で溢れてしまいます。

誰一人捨てられていい命はないのです。
残った命と失った命には何の分け隔ては無くて、みんな大切な命です。



それでも、生き残った方々の中には、若い命と替わってやりたかったという親御さんや、
助けてやれなかったという別れを今も心のスクリーンに映して、
言葉に出すことさえも出来ずにいるのでしょう。

きっと日本中の誰もが、そして世界中の多くの人々が、同じ胸一杯の感情を抱えて、
『私に出来ることは何だろう』と考えています。

そして、命がけで原発の危険を回避させるために任務を果たしていらっしゃる方々も、
その家族の祈りを抱えて立ち向かっている。


今誰もが、罪もなく失われた命の尊さに向き合い、
だからこそ自分の命を大切に生きるという誇りを失わないこと、
真摯に自分を生きることだけなのですね。



【どうかそれぞれの皆様のこころが深呼吸出来ますように・・・】


*この度の東北地方太平洋沖地震により、
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、
被災された皆様とそのご家族の方々に対しまして心よりのお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧、復旧をお祈り申し上げます。
そして、原発に立ち向かっている方々の安全と、
現地で身を粉にして援助をしている皆様のご健康をお祈り申し上げます。
[PR]

by exkokoro | 2011-03-24 00:00 | 東日本大震災 | Comments(0)

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム