Excite ブログ

タグ:価値観 ( 6 ) タグの人気記事

「断捨離」で見えたもの


タイトル:「断捨離」で見えたもの
担当:松下 由衣
----------------------------------------------------

こんにちは。エキサイトカウンセラーの松下です。
今回のコラムでは、ちょっと前に私が体験したことを書きたいと思います。

以前から話題の「断捨離」。
不要なものを捨てることで、物への執着から開放されより自由に生きられる、という考え方に基づいているそうです。

私もブームに乗って、この断捨離にチャレンジしました。
とりあえず服を整理しようと思ってタンスを漁っていると、以前買ったまま着ていなかった服が、タグの付いた状態でぞくぞく出てきました。
それぞれに悩みながら買った、思い入れのある服たちなのですが・・・

どうも私は、買ったばかりの服に袖を通すことに抵抗があるようです。
たいていワンシーズンはそのまま保管し、翌年になったらようやく着る気分になる、という状態でした。(蛇足ですが、「寝かせる」と呼んでいました)
新品同様ですが、実際は昨年ものなので、ちょっと流行遅れになることもたびたびありました。


欲しくて買ったはずなのに、すぐに着ないのはなぜ?

買った後に好みが変わったわけでもありません。
もったいないのかな?とも思いましたが、翌年になると、躊躇していたのが嘘のように着られるのです。


なぜだろう?と疑問に思い、試しに買ったばかりの服を着て夫に見せてみました。
「いいじゃんそれ!いつもそういうの着ていればいいのに。」
「何で昨日、それ着なかったの?」
(前日食事に行っていた。もちろん寝かせた服で・・・)

そこで気づきました。
流行の服を着ること、そして人からほめられることを自分に許していなかったことに。
自分を必要以上に低く見て、「あなたは価値がないから、流行に合っていない、古い服を着るべきである」という足かせをはめていたことに。


すっきりした私を見て、夫はわけがわからないといった顔をしていましたが。


それ以来、少しづつですが、服を寝かせることなく着られるようになりました。

断捨離を通じて、意外な自分の潜在意識に気づいた体験でした。
[PR]

by exkokoro | 2011-07-22 15:50 | 生活・生き方 | Comments(0)

自然からインスピレーションを得る


タイトル:自然からインスピレーションを得る
担当:樹 真穂
----------------------------------------------------

私は朝、目が覚めるとき、リラックスしているとき、
自身を癒しているとき・・・などに、突然インスピレーションが降りてくることがよくあります。

はっきりとポンと言葉が入ってくるというか、
あぁ、こうすればいいんだ、ということがはっきり分かるというか、そんな感じです。

インスピレーションは、今自分はどうすればいいかとか、
アドバイス的なものだけでなく、何かを創造したいときにも必要不可欠です。

あるとき、いいアイデアがほしい、もっと自分らしい表現をしたい、
人とは違うもっとオリジナリティを出していきたいと感じたときがありました。

そういうときは頭を使うと、まったくうまくいきません。
誰かのものを見たり聞いたりして参考にするのも、ある程度までにしておかないと、
それがまじってしまい、自分らしさが出てきません。

幻想的な曲をつくる「エンヤ」というアーティストがいます。
昔、テレビでチャゲ&飛鳥がエンヤを大絶賛して、
「どうしてそんな素晴らしい曲がかけるのですか。」
との問いに、
「私は他のアーティストの曲をなるべく聴かないようにしています。」と言っていました。
まぁ、まったく逆のパターンの人もいるかもしれませんが。

私はもっとインスピレーションを受け取りたいとき、
自然を感じるのが一番うまくいきます。
都会でも、もちろんそれは可能です。

太陽の日差しから自然を感じてみたり、緑の木々や植物を感じてみたり、
土にふれてみたり、食べ物から自然を感じたり、お風呂の水から自然を感じたり・・・。

そうしていくと、感性がとても豊かになってきます。
不思議ですけど、人って、自然の調和に波長を合わせると、
本当の自分につながりやすいんですよね。
自然って本当にありがたいですね。
[PR]

by exkokoro | 2011-06-27 11:41 | 生活・生き方 | Comments(0)

気になる相手と釣り合うか心配(2)



タイトル:【ネット恋愛】 気になる相手と釣り合うか心配(2)
担当:国広 宜子カウンセラー
----------------------------------------------------

【テーマ】気になる相手と釣り合うか心配
【今回の視点】相手の条件に自分は満たしている場合


こんにちは。
カウンセラーの国広宜子です。

今日は、ネット恋愛のお悩みでよく耳にする
「気になる相手がいるが、つりあうか心配」
という相談についてお話します。


ネット恋愛の特徴のひとつに、
生身の相手と出会う前に、条件やコメントなどの文字情報で相手のことを知る
という面がありますね。


その情報は年齢だったり、職業だったり、好きなタイプだったり。


本人そのものではなく、周辺情報が先に入ってくる環境だからこそ、
余計に相手の条件が目に入りやすいし気になってしまうもの。
だって、最初のうちはそれしか情報がないんですから。


そして、それだからこそ、
自分と相手がつりあうのかしら?ということも
気になりがちだともいえるでしょう。


要は、ネットで知り合うというのは、
お互いをとりまくさまざまな情報提供と交換が
自分を相手に紹介する第一手段として使われているってことです。



日頃は
「パートナー選びは、その人の人間性が大事で、条件じゃない」
と思っている人でも、
ネットだとついつい条件に目がいきやすい環境に惑わされてしまいがち。


だからこそ、
「他の点はいいなって思うんだけど、年齢が・・・」とか、「長男ってところだけがネックで」
なーんてことが、
いつもより以上、いや三倍増くらいには気になってしまうのです。


ネット恋愛にエントリーするには、
まずは自分のことを知ってもらうためにたくさんの条件を開示しますよね。
それはお相手も同じです。
そうしなければ、あなたがどういう人なのかまったくわからないから。


でも、そこで開示した条件から浮かび上がるあなたは
実際のあなたの一部分ではあっても、等身大の自分ではないですよね。


その条件面だけでは表せないあなたの良さや持ち味もあるはず。
その点は、やっぱりお相手も同じです。


今までのあなたは、
パートナーを探すときに、相手を条件だけで選び続けていたでしょうか?



その人のふとした時の表情や、笑顔、やさしさなんてところに
惹かれた経験があるのではないでしょうか。


ネット恋愛では、そんな実際の魅力に接する前に
メッセージを送ったり、メールを交換したりという段階があるのですよね。


だとしたら。
最初のステップ(=条件提示)は
お互いに自分の一側面を知ってもらうことだと思ってください。



条件しか情報がないから。
「だったら、こんな条件の人がいいな」
そう考える傾向が強まる人も多いでしょう。

でも実際のパートナー探しは条件だけでは決められないもの。
その後の実際に会ってからの、その人なりの魅力が大きな決め手になるはず。


条件は、あくまでもパートナー選びの一つの判断基準。
しかもそれが第一優先でない人も多いのではないでしょうか。
100点の条件のお相手を探し続けても、
望み通りの人にめぐり合うのはなかなかに難しいですよね。

もちろん、相手の希望と、
あなたの条件の兼ね合いだってあるでしょうし(笑)


なんとなくいいなと思うお相手のプロフィールの中でひっかかってしまう条件が、
「どうしてもこれは譲れない」条件であれば、
それは潔くきっぱりあきらめて次の方を探すのも一案。


でも、「できれば年上の方が」とか、
「公務員の人がいいと思ってたのに、違う職業だった」とかの
必須条件でないけど迷うたぐいのものであれば、
もうちょっと知り合ってみてからの判断でもいいのではないでしょうか。


「知り合ったときにはまったくタイプではなかった」「この人とは絶対にありえないと思っていた」
という相手とラブラブな結婚生活を送っている。
そんなご夫婦の話もよく耳にしますよね。



100点の条件のお相手は理想的かもしれませんが、
ちょっとした条件不一致をお互いの努力で乗り越えていく。
その中で信頼関係が築かれていくなんて恋愛もいいものです。



知り合う前の100点より、一緒に作りあう満点。
今後の人生を一緒に作って行ける人を選んでほしいなと思います。
[PR]

by exkokoro | 2011-02-03 00:00 | 恋愛 | Comments(0)

忘れられないカウンセリングエピソード【人生の残り時間】


タイトル:忘れられないカウンセリングエピソード【人生の残り時間】
担当:瀬尾 真一郎
----------------------------------------------------

「あなたがもし、余命半年と言われたらどうしますか?」
「今のままの生活を続けますか?」

と聞かれたらどう思いますか

私はその時まで考えた事が無かったので
すっかり考え込んでしまいました。

さらに

あと一ヶ月の命と宣告されたら、どうでしょう

今日1日の命だと分かったらどうしますか。

「あ、しまった。会社で溜まっている仕事を片付けなくっちゃ」
って思うでしょうか。

「ちくしょう、もっとお金を貯めておくべきだった」
と残念に思うでしょうか

「あいつを一発ぶん殴ってやらなければ気がすまない」
と悔しがりますか

私はこんなふうに思ったんですね。

「いやいや、今のままの生活なんてありえない」

「まだまだやりたい事がいっぱいあるんだ」

「思い描いていた場所へ旅行に行っていないし」

「今の仕事は直ぐに辞めるぞ」

あ、自分はこんなにも今の生活に満足していないんだ。
自分の本当の気もちが見えてきました。

やりたい事がたくさんあるのに、頭の中にあるだけで
いつかやろう、できるときにやろうと思っていたんですね。

結局いつまで経っても実行できていない
何も行動していなかったんです。

そして苦しい現実に押しつぶされそうになって
不平不満を言っているだけでした。

それからあと1日の命だったらどうしますか
という究極の質問を考えてみたんです。

答えは、以前旅行でご一緒することになった
お医者さんと同じでした。

そのお医者さんは余命宣告を受けていました。
5年生きられるかどうか。

少しお話が出来た時、
そのお医者さんは言っていました

「癌になってよかったね」って娘さんに言われて
なんて事言うんだって思ったらしいですが、
娘さんの言うことには
今までのお父さんは忙しくてあまり話しも聞いてくれず
厳しいだけだった。だから嫌いだった。

でも、癌になってやさしくなった。
だから癌になってよかったね
って言われたそうです。

その時、お医者さんは大切なものに気付いたんだと思います。

生きた証を残そう。
精一杯人生を楽しもう。
そう思い行動されたそうです。

気がついたら癌が無くなっていた。
だから旅行にも来られていたんです。

その事を聞いて感動してしまいました。

あと1日の命だったら私は

旅行でもなく、仕事でもなく、もちろんお金でもなく

子どもと一緒にいたいなぁ
って思いました。

あ、もちろん、嫁さんも一緒にいたいと思いましたよ。

そして「ありがとう」って言って笑って死にたいなぁ
って思ったんです

その為には、いつ死んだとしても悔いが残らないように
精一杯生きようって改めて思いました。

大切な事をまずやろう。

この世で生きていられる時間は限られています。
今、毎日の人生を楽しく充実して生きているだろうか

本当に大事なものが分かったら
その為にがんばろうとするでしょう
その為に何をするかが見えてくるのだと思いました。

人間には誰でも例外のないルールがあります。
それは、いつか必ず人生最後の日がやってくるというルールです。

それは明日かもしれない。半年後かもしれない。
5年後かもしれない。
それは分かりませんが、必ず今日で終わりという日がやってきます。

その時、に笑って死ねるか。
その時、後悔はないのか?
勝負はそこです。

あなたは、今交通事故に遭って命がなくなるとしても
「ああ、自分は一生懸命頑張ってきたんだ」と
言える人生だったでしょうか。

そんな事を強烈に考えることができた
大切なカウンセリングでした。
[PR]

by exkokoro | 2010-09-22 15:52 | カウンセリング | Comments(0)

カウンセリングのときに自分を支えているもの【思い込みを外す】


タイトル:カウンセリングのときに自分を支えているもの【思い込みを外す】
担当:瀬尾 真一郎
----------------------------------------------------


いつも人に言われていたのは
お気楽そうだよね。何を言われても応えないんだからな。
自分でも型に嵌まったことがきっちり苦手。
適当にその場、その場に合わせて適当にやっているのが
自分だと思い込んでいました。

完璧主義とは無縁の性格でいい加減な人ね。
そう、嫁さんにも言われてました。

そうだよな。完璧なんて無理だよ。人間なんだもん。
そう思っていましたし、そんな人が苦手でした。
私は適当人間としての自分に満足していたのです。

でも、なぜかいつも適当にやっている筈なのに
苦しい、しんどい、圧迫感、イライラ
を感じるのだろうと疑問に思っていました。

そしてなぜこんな事をやらなければいけないんだ。
細かい仕事なんて嫌いだー
こんな事自分には合っていないんだ。自分の仕事ではないんだ
と思っていたんです

でも、カウンセラーを目指して勉強する中で、自分の思いを話して
いくうちに見えてきたものがあります

それは、自分は適当人間ではなかった。
ということでした。

完璧なんて出来ないと思いながら、いつの間にか完璧主義になっていたのです
失敗することが怖かったのでいい加減さをアピールしたり、
その事自体から逃げたりしていたんです。

失敗すると大変なことになると心の奥では思い込んでいたのでした。
でも、本当に大変なことになる失敗ってどれだけあるでしょう。
失敗は誰でもするものです。
失敗に対してどう反応し、どう行動してフォローするかで
その責任を取れるのです。それで失敗は成功に変わります。

でも、失敗してはいけないということであれば、
その責任は成功するしかありません。

失敗してはいけない、完璧でなければいけないと心の奥底は
感じていながら、自分は完璧にできないことで苦しんでいたんですね。

失敗する権利は誰にでもあるんだよという言葉が
私の思い込みを外させてくれました。

今、あなたは焦っているように見えるよ。
あなたが苦しんでいることは、本当にあなたがやらなければならないことなの。
失敗することは誰でもあって、自然なことなんだよ。
あなたはそれでいいんだよ。
どんなことにも正解はないんだよ。

そんなあたたかい言葉で援助を差し伸べてくれたカウンセラーがいたから
理解してもらえた。救われたと感じて思い込みを外すことができたのだと思います。

私のカウンセリングを支えているのは、そんなあたたかさを
相談者の方との間で感じること、それ以上の喜びはありません。

その為にも毎回、本気で全力投球です。

お互いの中の思い込みに囚われず、自由に客観的になんでも話しても大丈夫。
安心できる場で話ができ、お互いに成長できることにワクワクするのです。

だって、いつでも再出発は可能なんだから。
[PR]

by exkokoro | 2010-08-25 16:04 | カウンセリング | Comments(0)

幸せの法則


タイトル:幸せの法則
担当:月乃 桂
----------------------------------------------------

欲深い人と感謝が出来ない人は、幸せ者にはなれない。

昔、お爺ちゃんが何度も何度も私に語り伝えてくれた言葉を紹介します。

――――――――――――――――――――――――――

人間は“ありがたい。嬉しい。楽しい。気持ちいい。”など、日常に転がっている感情を改めて心に思い浮かべることで幸せを感じる。

でも、欲深い人はね。
どんなに幸せなことが目の前で起こっても、欲しかった物を手に入れても・・・“もっと幸せなことは?もっと欲しいものがある!”など感謝しそびれて、満足だ!と気付けないから、幸せを感じとれないんだよ。

どんな些細なことでも自分で満足し幸せを感じとれる人は、どんどん幸せ者になるんだよ。
でなけりゃ、大きな幸せがきても“この程度かぁ、がっかり。”と幸せを逃がすバカ者だ。

幸せ者になりたいなら、すべてのモノに敬意と感謝を払える人になりなさい!!! けして欲深い人にはなってくれるな。

――――――――――――――――――――――――――

小さい時から聞かされていた このお爺ちゃんの話。

私が話を思い出したのは、怪我をして入院していた時でした。

私は、数年前、腰の骨を何本か圧迫骨折して寝たきりで、「下半身が動かない障害がのこるかもしれませんよ。これは、若年性の骨粗鬆症ですね。」と医者から言われたことがありました。

その頃の私は自分では寝返りも打てず、トイレもお風呂も睡眠も食事も何もかもできないまま4カ月が経ち、イライラして苦しくて、情けない気持ちでいっぱいでした。

私は不幸だ! ついてない人生。 なのに、なんでもっと大事にしてくれないの?
まったく思い通りにならない。きっと 愛されてないのだ。

そんな気持ちに支配された私の心は手当たり次第、趣くままに家族や友人にまで八つ当たりしていました。

そんな時、お見舞いに来てくれたお爺ちゃんの顔を見てコノ話を思い出したのです。

そして何時間も何時間も真っ白な天井を見つめ、自分は欲深くなってないだろうか?感謝できているだろうか? と来る日も来る日も考えました。 
痛みと悔しさと八つ当たり、そのくり返しの毎日を送りながらも、必死にお爺ちゃんの話に縋りつく様に考え続けました。

すると、もっと甘えたいって思って足らないものばかり求め、人のせいにして生きてきた自分がソコに居るのに気がつきました。 

気付いたのにもかかわらず、そんな思いは認めたくない。と思いを消し去ろうとして意固地になる私に、一生懸命寄り添っていつも変らない介護という形で愛を注いでくれる家族や友人を見ていたら、突然泣けてきた。

あぁ~。薄々気づいてはいたけど・・・自分ってなんてワガママな女だろうと愕然。
というよりも、茫然。

ワガママで迷惑ばかりかけて生きてきた私に対して、家族はなんて広い心をもち優しくて、愛情深いんだろう。  こんな家族と友人を持っているなんて世界一幸せなんじゃないか。
と感謝の念が自然と浮かび始めた。

天井を見つめ、欲深い私を見つめ、愛情を噛みしめてみること数週間。
今感じている苦しみは、私が愛されているってことを実感する為に起こった大切な学びなんじゃないのか? と考えが浮かび始めたころには・・・

どんなに意識しても改善できなかった八つ当たりは消えてなくなり、態度が自然と改められ、なぜか不思議と毎日は感謝で満たされるようになって、そのうち  毎日の生活で喜びすら感じるようになったのです。
 
気がつけば下半身の痺れはなくなり、自分で寝返りが打てるようになり、睡眠がとれるようになり、それから一年後には、杖をついて歩けるようにまで回復しました。

そして驚くことに 今ではスッカリ元気です。

元気になってからはドンドン時間が経ち、お爺ちゃんは90歳を楽々と超えた。

毎日お日様にあたり、“あったかいなぁ。ありがたい”と一人で呟いては、ニヘラ~と私に笑いかける元気なお爺ちゃんを見ると、幸せを感じずにはいられません。

そんな粋で幸せなお爺ちゃんの自慢の法則。
もしかしたら私じゃない誰かも、この話で救われるかもしれないと思い・・コラムにしてみました。
 
例え、色んなものが与えられていても気付くことが出来なければ、本物の幸せ者にはなれないのかもしれませんね。
これからは、私と一緒に“幸せ”掴みとって感じて生きていきましょう♪

拙い文章を最後まで読んでくださって本当にありがとうございます。
[PR]

by exkokoro | 2009-12-19 11:21 | 生活・生き方 | Comments(0)

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム