Excite ブログ

受け容れ難いこと

タイトル:受け容れ難いこと
担当:伊吹 知子
---------------------------------------


同じことや、経験したことがあること、

何度も見たことや聴いたことがあることは、

すんなり受け容れられることが多い。


だがしかし・・・前例のないこと、初めて遭遇したこと、

今までと違うこと、例えば自分自身が変化することや

周りの人が変化することは、受け容れるのが難しい。


その変化に気づいたり、それらを受け容れていくことが

どんなに辛くても、恐くても、

受け容れられるということが、

とても幸せなことなのだと思う。

何故なら、その作業には愛の力が必要で、

受け容れ難いことを、受け容れる瞬間に、

自分自身や、周りの人達の愛を、それまで以上に感じられるから。


受け容れ難いことを、受け容れられるくらいの

愛を、私も与えたい。
[PR]

# by exkokoro | 2011-08-10 11:28 | 心とからだ | Comments(0)

【考えすぎは毒?!】

タイトル:★フリー☆ 【考えすぎは毒?!】
担当:月野桂

--------------------------------------

海外旅行していた時のことです。
ひょんなことから北インドの山間部に居るユダヤ人が宗教儀式を行う為の集会場で、手伝いをすることになりました。
数カ月ほど滞在していた私は彼らの試練に満ちた歴史、ユダヤ教の考え、今も続く混乱、そういった話をよく聞きました。
しかし彼らはそんな悲惨な状況のなかであっても皆一様に明るく、気さくで陽気な人々でした。
笑いや歌の絶えない毎日で、私はどんどん彼らが好きになっていきました。

そんなある日、イスラム系過激派を名乗る人からネット掲示板でユダヤ暦の新年を祝う日にテロを起こすという予告がはいりました。
私はそれを皮切りに、いろいろな不安や疑問、とめどない思いが心を揺るがし、頭を抱えベンチに座り込んでしまいました。

一人のユダヤ人男性が歩いてきてすれ違いざまにこう言いました。

「考えてもどうにもならないことは考えないことだよ」

真剣に悩んでいた私は思わず反論しました。

「でも…何もしなければ何も解決出来ないじゃない!」

「世の中にはどうしようもないことがある。困りごとは天災みたいなものさ。解決できるなら考えればいいさ。考えてもしかたのないことを考えすぎてるから…」

「しかたないって…何も考えずにいい加減になんて生きられない!」

「いや、僕が言いたいのは何も考えずにいい加減に生きろということじゃなくて、一人で頭抱えて悩んでいてもポジティブな考えは浮かばないだろってことさ」

言われて私はハッとしました。実はここ何日も悩み続けることで気分は滅入り、問題は解決に向かうどころか頭の中で堂々巡りを繰り返すばかりだったのです。

彼はニコッとほほ笑みました。

「君はここに通って何カ月になる?  僕たちの宗教や国籍は違っても仲間だろ。忘れたのか?  さあおいで。すぐそこでゆかいな仲間が待ってるぜ。なんでも話してごらん。みんな君の話を聞きたがってるさ」

そう言ってもらえただけで、正直私の心は少し軽くなっていました。
そこで私は彼と一緒にハウスに戻り、彼がヘブライ語で皆に話しかけると一斉に私に注目しました。

「言いづらいことなら日本語で話せばいい。誰も理解する人はいないからね」

お茶目にウインクしながらそういう彼に背中を押され、私は戸惑いながらもポツリポツリと日本語で話しだしました。
何を言っているかわからないはずなのに、みんな目をそらすことなく私の言葉に耳を傾けてくれました。

言葉に詰まれば励まし声をかけてくれる人、肩を抱き寄せて相槌をうってくれる人、それぞれ反応は違いましたが誰一人邪険にすることなく私を受け入れてくれました。

私の話が終わると一人のリーダーが皆の中心に腰を据え、ヘブライ語で話合いをはじめました。そこにいた人全員がそれぞれ自分の意見を述べ、討論し始めました。

先ほどの彼がそばにきて言いました。

「ユダヤの有名な教えと、今日の君の話とをつなげてみんなで知恵を共有しているんだよ。
考えすぎは毒! だってネガティブを引き寄せ病気になるからね。
安定させる薬は、見たり、聞いたり、書いたりすること。
自分を客観的に見られるようになるからね。
毒を消すためには話すこと。言葉を発することは、手術をうけることと同じだと思わなかった? 僕には今日の君を見てそう思ったな。人と話すことは浄化であるみたいだね。
とにかくユダヤ人は使命も試練も多い民族だから。こうして少しでも知恵を共有して生き延びるんだ。ポジティブな考え方がいつもうまくいくとは限らない。でもネガティブな考え方はいつもうまくいかないよ」


とても印象的なセリフでした。
確かに一人で考えすぎると、知らず知らずのうちにネガティブな方向へ落ち込む自分がいます。
しかしそれからの私は変に考え込むのをやめ、心のうちは人に話し、ポジティブに心を保つ努力をしました。

悩んでいると塞ぎたくなってしまうけれど、そんな時ほど言葉にして口から吐き出してみること。
必ずしも解決出来なくとも、人を信じ話してみること。
悩みを共有することで、知恵も共有することが出来ること。
そんな教訓を得た経験でした。

またとてつもなく困難な人生を送っていようとも、つねに明るく人を気遣う彼らユダヤ人の元気の源は、そういった人との繋がりにあるのかもしれません。

書いた私も、読んでくれた人も、お互いが変化できるように祈って締めとさせていただきます。

拙い文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。
[PR]

# by exkokoro | 2011-08-08 12:44 | 人間関係 | Comments(0)

理性よりも直感を大切にする生き方

タイトル:理性よりも直感を大切にする生き方
担当:永峰 あや

---------------------------------------------


こんにちは。

みなさんは、日常生活の中で、自分のこころの状態を、確認したり、ふりかえったりすることはありますか?

今日は私の、「こころの健康診断」を紹介したいと思います。


私は、オーラソーマカラーケアシステムのプラクティショナーでもあるので、自分の「こころの健康診断」を色を通して行います。

例えば、今日、私が欲している色は何色だろう?

と心に問いかけます。

そして直感で、求めている色を選びます。


今日、私がもっとも魅かれる色は、イエロー(きいろ)です。

イエローは

ユーモア、笑い

陽気な気持ち、喜びや幸福

をあらわす色です。


さて、なぜ私はイエローを求めているのでしょうか。

自分の心に聴いていきます。


昨日まで、家事も仕事も子育ても完璧にこなさないとだめだと自分で自分を追い詰めていた私。

目の前にあることに、集中しすぎて、まわりが見えなくなっていた私。


そうだ、ふっと力を抜いてみたい、

日常に真剣になるのはいいけど、笑いやユーモアもとりいれたい、

日常を一生懸命生きるながら、そこに喜びやしあわせを見出したい、

そんな思いが、私のこころにあることを発見しました。



バイオテクノロジーの世界的権威である、筑波大学名誉教授の村上和雄さんが著書『生命の暗号』でこんなことを語っています。


>>カビと人間の細胞の融合技術に関して、ある研究室の学生が教授にいわれたとおりに実験をくりかえしたがうまくいかない


>>とうとう頭にきて、その教授の指示とはまったく関係がないと思われていた物質を放り込んだら、融合しだして、新しい発見につながった


>>こういう表面に出てこない科学の世界を、私はナイト・サイエンスと呼んでいます。これに対して、研究室で顕微鏡をのぞいたり、学会で研究を発表するのは、デイ・サイエンスなのです。


>>デイ・サイエンスは理性的で客観的

>>ナイト・サイエンスは、直感、霊感、不思議体験などから大変なヒントを得る


>>一般の人から見たら、およそ科学者らしくないことに私たちは関わっているのです。


>>事実、これまでの科学上の大発見や大発明の大半は、ナイト・サイエンスからはじまっているといってもいいすぎではありません。



私自身の日常を見てもそうですが、何か問題や困難に遭遇すると、

なぜだろう、どうしたらいいだろう、こんな方法はどうだろうか、と、頭で、理性で考えがちです。

でもそれではうまくいかないことって多いですよね。

そんな時は、直感、霊感、に働きかけるということも大切です。

だから、私は息づまってしまった時や、どうしたらいいかわからなくなってしまった時は、直感で色を選んで、そこから人生のヒントを得るようにしています。



考えても考えてもうまくいかない、という方は、直感、感じるままに行動してみてはいかがでしょうか。
[PR]

# by exkokoro | 2011-08-05 01:01 | 心とからだ | Comments(0)

心配事に依存する。

タイトル:心配事に依存する。
担当:クリストファー 雅子

----------------------------------------------------


お悩みのスパイラルに入ってしまっている方は


次々に起こる心配事をかたずける前に


次の心配事を創造してしまって、


心配事に依存している現象が起こる場合があります。

そのような場合、どんな励ましも

心に響かず,むしろ悲観的におもえたり、

さらにはアドバイスをくださったかたに攻撃的になる場合もあります。


そんな風にならない前に、掃除をし、洗濯をし


花を飾り、お風呂に入り、おいしいお茶を入れて


美しい音楽を聴きながらのんびりしましょう。


外に出かける前に自宅でゆっくりし、


ある程度回復なさったらお出かけしても良いですね。



お悩みを他の観点から見るのも良い事です、
たとえば粘土でなにか作るとか。。。

Christopher 雅子
[PR]

# by exkokoro | 2011-08-04 14:41 | こんな時は・・・ | Comments(0)

自分にイエスと言う、自分に愛を注ぐ

タイトル:自分にイエスと言う、自分に愛を注ぐ
担当:永峰 あや
----------------------------------------------------


今日、私の身に起こったこと。


最近、娘の夜鳴きで、睡眠不足つづき。

昼間、仕事の合間に、仮眠しようと思っても、外の工事がうるさくて眠れない。

そうこうするうちに、夕方になって、ご飯の支度をして、娘を迎えて、お風呂に入れて。

娘を寝かせたら、たまった夫のワイシャツにアイロンをかけて。

いざ寝ようと思ったら、また娘が起きて。

眠りたいけど、眠れない、休みたいけど、休めない。


とうとう、今朝、食器を洗いながら、夫に爆発してしまいました。

私「体が疲れて、休みたいけど休めない。本当にしんどい。でもやることがいっぱいあって眠れない!!!」

夫「疲れているときは、やらなくていいよ。」

私「あなたや娘のためにも、やらない、というわけにはいかない」

夫「1日、2日、やらなくても、大丈夫だよ。休んで」

私「休めない、あなたが休めと言っても、私自身が納得できない。休む自分が許せない」



カウンセリングの場面で、よくこういうことがあります。


Aさん「完璧じゃなきゃだめだと思ってしまうんです」

CO「なぜ完璧じゃなきゃだめだと思うんでしょうか?誰か、周りの人が求めているのですか?」

Aさん「周りの人じゃなくて、自分が自分に完璧じゃなきゃいけないといっているんです。自分が自分に”これでいい”と許可できないんです」

また、こんなこともあります。

Bさん「こんな自分がだめで、嫌で、どうにかしたいんです」

CO「誰かに、だめだと指摘されたことはあるんですか?」

Bさん「誰かに、というが、本音を言うと、こんな自分を自分が認めたくないんです」


自分が自分に許可できない

自分が自分のことを認められない


自分が自分にイエスということ

自分が自分にOKということ

自分が自分に「ありのままでいいんだ」ということ


自分で自分に愛を注ぐことは、とても大切ですよね。

でも、自分を受け入れるって本当に難しいことです。


休むことを私の体も、私の心も必要としているのに、そうすることができない。

自分自身の体や心にやさしくなる、思いやりを持つ、ケアしてあげるって、とっても大切なことだとわかっていながら、そうできずに、無理してしまう。

カウンセラーという仕事柄、そのことの大切さが、誰よりもわかっているはずなのに…

自分を受け入れること、自分を愛することの難しさ、そして大切さを、改めて感じた今日です。



私たちは、”家族のために””会社のために”と、他の人を気遣ったり、配慮したりする理由を見つけることは簡単にできますが、

自分自身に配慮し、許しを与え、愛や思いやりを注ぐ、
そうすることの理由を見つけることはとても難しいようです。

みなさんは、自分にイエスと言っていますか?

自分に、愛と思いやりを注いでいますか?


オーラソーマ(カラーセラピー)で、

ピンクは、無条件の愛、自己受容の色。

今日は、ピンクで私自身を浄化して、ゆっくり眠ろうと思います。
[PR]

# by exkokoro | 2011-08-02 22:47 | 生活・生き方 | Comments(0)

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム