Excite ブログ

「具体的」に考える



タイトル:「具体的」に考える
担当:杉元 信代カウンセラー
----------------------------------------------------

こんにちは、カウンセラーの杉元信代です。
お仕事の場面で、後輩や部下に指示や指導をするシーン、たくさんあると思います。
特に、新人さんへの指導・・・とっても大変だと思い悩むこと、ありませんか?

「今までのやり方ではぜんぜん覚えてもらえない」
「前の人はすぐに覚えたのに今回はなんど言ってもダメ」


悩みながら指導を続けてもなかなか成果がでないわ、
上からは「君の指導がおかしいんじゃないの」とつつかれるわ、
肝心の教える相手はやる気があるのかないのかわからず。


むきーっ!!!
これだから最近の若い子は!(年寄りは!!)(おばかさんは!!)

と、相手のせいにして仕事帰りに酒飲んでぐだぐだ言ったところで、問題はなにも解決せず。

うぇーん。もうやめたーい。(号泣)

・・・・・ありますあります。わからないでもないその気持ち。



まあ、相手の「能力」そのものにもたしかに問題があるかもしれません。
だけど、それはもうそちらサイドではどうしようもないことなので
(残念ですが)こちらでなんとかできることを考えていきましょう。


まず、指示はできるだけ「具体的」にします。

「ちゃんと考えてやって」「きちんとして」では伝わりませんから、
その「ちゃんと」「きちんと」の中身を具体的に指示します。

「言われたことはきちんとメモをとって」というような言い方ではなく、
「○○については、■■というように、ジブンであとで指示されたときにメモを読んだら一人でできるように△△と書いておいてください」と。
そして、書いたものも確認して不備があれば訂正してもらいます。


え?そこまでしないといけないの(号泣)ですって?
いやあ、もう今悩んでいるのなら、とりあえずやってみてください。


少なくとも、
「ジブンはこれでできたから」「前の人はこれでできたから」という思い込みは
全部取っ払うことです。



「早く」「ちゃんと」「きちんと」「丁寧に」「やさしく」なんて、
そんな人によって基準の違うものさしを差し出すのはやめましょう。ストレスの元です。

できるだけ、具体的に。今目の前にいる相手を
「今よりできるようになるにはジブンとして具体的になにができるのか」を考えて
動くしかないのです。

そこまでやって、それでも「(涙)」となる場合は、これはもう上と相談するしかないですね。
システムそのものの問題かもしれませんから。


あ、そうそう。大切なことを忘れていました。
お仕事の悩みはタイムカードと一緒に、仕事場において帰りましょうね。
全部は難しいかもしれないけれどね。
[PR]

by exkokoro | 2011-02-07 00:00 | 仕事 | Comments(0)

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム